地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、函館の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

函館の地域情報サイト「まいぷれ」函館

お店の味を手軽に楽しめる 「道南の自動販売機・無人販売所」

餃子・ラーメンの無人販売所

餃子の雪松

餃子の雪松


産業道路沿い、函館市美原にある「餃子の雪松」。お店自体は知っていたけど、販売しているのは餃子だけ?どんな餃子を販売しているの?
今回は、そんな好奇心にかられて餃子の雪松に行ってきました。

餃子の雪松 店内


お店に入ってみると、目の前には大きな冷凍庫がズドンと鎮座。中にはびっしりとパックに入った餃子が収められています。餃子以外にはラーメンも販売していて、店内では購入方法を説明してくれている動画が流れています。また、お店の右奥には料金箱があり、そのほか店内には保冷バック(有料)やレジ袋、保冷剤なども用意されています。

ラインナップ(全3種類)

<雪松の餃子>餃子 36個入 1,000円 雪松特性餃子のたれ 200円

餃子 36個入
餃子 雪松特性餃子のたれ

群馬県水上の温泉街にある「お食事処 雪松」。1940年に創業し三代に渡って続いているこの餃子の名店の味を継承したのが、この餃子の雪松とのこと。著名人もこの味を求めて通っているという餃子は、ギュッと詰まったジューシーな野菜系の餡と皮のモチモチ感、そして焼き上げた時のパリッとした食感が特徴。
冷凍庫の右横、店舗の奥には雪松の餃子に合わせて調合したという専用のたれも用意されています。ほんのり酸味の効いたさっぱりしたたれが、餃子の味をさらに引き立ててくれます。

<ラーメン>醤油の黄金比 3食入 1,000円 味噌の黄金比 1,000円

醤油の黄金比
味噌の黄金比

餃子以外にはラーメンも販売されていて、函館美原店にあるのは醤油と味噌の2種類。麺は数千種類の小麦粉から厳選したものを使用。醤油にはストレート中太麺、味噌にはちぢれ太麺を採用しています。
このラーメンの調理は少し変わっていて、麺とスープを別々に調理するのではなく、麺をスープでゆでる調理法を採用しています。これは、あらかじめゆでた麺がスープの温度を下げるのを防ぎ、最後まで熱々のまま食べられるようにとなされた工夫です。

<トッピング>焼豚トッピングセット 3人前 1,000円

焼豚トッピングセット


ラーメンと一緒に販売されているのが、この焼豚トッピングセット。焼豚以外にもメンマと玉子が入っていて、ラーメンと同じ3人前入なので、ラーメンと一緒に購入するのに最適です。

〒041-0806 北海道函館市美原3丁目20−22 太陽美原ビル

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード